ホーム ニュース アート&クラフト

アート&クラフト

陶芸・工芸

「たのしうつくし古伊万里のかたち Ι」 戸栗美術館

「青磁染付樹鳥文葉形三足皿」 伊万里 江戸時代(17世紀後半) 戸栗美術館  江戸時代、国の内外で人々を魅了した伊万里焼。そのさまざまな「かたち」に注目...

「窯のある広場・資料館」をリニューアルオープン INAXライブミュージアム

リニューアルオープンした「窯のある広場・資料館」  常滑市のINAXライブミュージアムは10月5日、「窯のある広場・資料館」をリニューアルオープンした。...

伯爵家の優美な陶磁器披露 「Bunkamuraザ・ミュージアム」

ウィーン窯・デュ・パキエ時代(1718-1744)《カップと受け皿(トランブルーズ)》 1725年頃、硬質磁器、黒呉須、多彩色上絵付 所蔵:リヒテンシュタイン...

名古屋市の桑山美術館、「茶の湯にみる伝統工芸」を開催

 「茶の湯にみる伝統工芸 桃山・江戸から昭和へ」が、名古屋市の桑山美術館で、12月1日まで開催されている。 茶の湯では、唐物中心の「書院の茶」から、簡...

土岐市美濃陶磁歴史館、「土岐市の古窯-郷ノ木古窯跡群-」を開催

志野向付(17世紀初頭)  企画展「土岐市の古窯-郷ノ木古窯跡群-」が、岐阜県の土岐市美濃陶磁歴史館で、11月24日まで開催されている。 土岐市の南東部...

日本民藝館、「柳宗悦と古丹波」を開催

「自然釉壺」 鎌倉時代 日本民藝館蔵  特別展「柳宗悦と古丹波」が、東京・駒場の日本民藝館で、11月24日まで開催されている。 同館創設者の柳宗悦は、晩...

茨城県陶芸美術館、「いきもの狂想曲―陶芸フィギュアの現在―」を開催

「ゾウムシ様」 奥村巴菜氏 2015年 個人蔵  近年デパートやギャラリーなどで個展を覗くと、生き物をモチーフにした作品を目にすることが増えた。テーブ...

愛知県陶磁美術館、河井寬次郎展を開催

鉄辰砂草花図壺 河井寬次郎 昭和10(1935)年  釉薬の扱いに長け、「色彩の河井」と評された河井寬次郎の全貌を紹介する特別企画展「京都国立近代美術館...

岐阜県現代陶芸美術館、「ひかり」テーマにコレクション展を開催

ボディル・マンツ 「Growing Weather」 2016年 岐阜県現代陶芸美術館蔵  コレクション展「やきもののひかり」が、多治見市の岐阜県現...

珠洲焼展覧会、東京・渋谷ヒカリエと石川・珠洲焼資料館で開催

「櫛目印花格子文壺」 13世紀(鎌倉時代) 珠洲焼資料館蔵 写真=大川裕弘  珠洲焼復興40周年・珠洲焼資料館開館30周年を記念し、珠洲焼の代表作がなら...

新着記事

九州発!田中ゆかりのテーブル通信[4]12月:縁起担ぎ・幸せな新年を迎えるために...

 今年も残すところあと、1カ月を切りました。毎日...

やきもの曼陀羅[4]料理と器 北大路魯山人(其の三)

漢学の大家・細野燕臺との出会い  191...

「たのしうつくし古伊万里のかたち Ι」 戸栗美術館

「青磁染付樹鳥文葉形三足皿」 伊万里 江戸時代(...

grafのポップアップショップを展開 「AKOMEYA TOKYO in la ...

「graf」のスペース  東京・神楽坂の米...

波佐見のマルヒロ、ナイキの「AIR FORCE 1」を陶磁器で完全再現

「AIR FORCE 1」を陶磁器で完全再現 ...

人気記事

九州発!田中ゆかりのテーブル通信[3]11月:鍋の季節・土鍋の楽しい使い方いろい...

 気がつけば11月、朝夕はすっかり冷え込んでき...

やきもの曼陀羅[1]料理と器 旬を味わう日本料理

著者:森孝一 プロフィールページ 「和食」...

東洋陶磁学会、3つの研究会を9月に開催

 東洋陶磁の研究を目的とする学会、東洋陶磁学会(...

ノリタケ、「ムーミン」との初のコラボ商品を発売

© Moomin Characters TM ...

統合、改称して「東京テーブルウェアSHOW」初開催

昨年の「HASAMICS」会場  長崎県下...