ホーム ニュース アート&クラフト

アート&クラフト

陶芸・工芸

144のギャラリーが出展 アートフェア東京2023

 3月10~12日までの3日間、「アートフェア東京2023」(主催:アートフェア東京2023制作委員会)が東京国際フォーラムで開催される。古美術から近...

西浦屋の繁栄を支えた熊谷吉兵衛 土岐市美濃陶磁歴史館

 岐阜県の土岐市美濃陶磁歴史館で2月26日まで、後に西浦焼を製造する美濃の大陶商「西浦屋」を支えた商人熊谷吉兵衛(1814~90)の生涯をたどる展覧会...

幻の東京・横浜焼 横山美術館

 横山美術館(名古屋市)で2月12日まで、企画展「東京・横浜焼」が開催されている。明治維新がもたらした日本窯業界における変遷を展覧する。  18...

外国の工芸、デザインに特化した展覧会 国立工芸館

 金沢の国立工芸館で「工芸館と旅する世界展―外国の工芸とデザインを中心に」が開催されている。  同館の多彩なコレクションの中でも、これまでまとめ...

美術館の収集と展示に焦点 兵庫陶芸美術館

 「教えて!兵庫陶芸美術館―収集と展示のQ&A―」が、丹波篠山市の兵庫陶芸美術館で、2月26日まで開催されている。  2005年に丹波焼の里に開...

「出会い」を機に発展した中国陶磁 松岡美術館

 東京・目黒の「松岡美術館」で、2月5日まで「松岡コレクション めぐりあうものたち Vol・3」が開催されている。  同館では創設者・松岡清次郎...

フィンランドのグラスアート 富山市ガラス美術館

 富山市ガラス美術館で1月29日まで、展覧会「フィンランド・グラスアート:輝きと彩りのモダンデザイン」が開かれている。  フィンランドの8人のデ...

50年企画展「時と手」を銀座で開催 南景製陶園

 四日市市の茶器メーカー、南景製陶園(荒木照彦社長)は10月11~16日、東京銀座の森岡書店で特別企画展「時と手」を開催する。  同社は1912...

「STILL ALIVE 今、を生き抜くアートのちから」をテーマに開幕 国際芸術祭「あいち2022」

 3年に1度開かれる国際芸術祭「あいち2022」が10月10日まで、愛知県内4つのエリアで展開されている。  テーマは「STILL ALIVE ...

「静嘉堂@丸の内」として新たにオープン 静嘉堂文庫美術館

 東京・世田谷にあった静嘉堂文庫美術館が今年10月、丸の内の明治生命館に移転し、「静嘉堂@丸の内」と名称も新たにオープンする。  同館は三菱第2...