ホーム 特集・連載

特集・連載

特集、連載、コラムなど

九州発!田中ゆかりのテーブル通信[5]1月:女正月・今年もよろしくのおしゃれな女子会

 あけましておめでとうございます。令和の初めてのお正月、皆さまはどのように過ごされているでしょうか。私は年女の節目の年としてこれまでを振り返りながら、これから...

やきもの曼陀羅[5]六古窯を訪ねる(其の一)越前

一番遅れて発見された越前窯 「六古窯」の中で越前窯が一番遅れて発見されました。それまでは、瀬戸窯・常滑窯・信楽窯・丹波窯・備前窯を併せて「五古窯」と呼...

九州発!田中ゆかりのテーブル通信[4]12月:縁起担ぎ・幸せな新年を迎えるために

 今年も残すところあと、1カ月を切りました。毎日があっという間に過ぎていきます。振り返ると良かった方もそうでない方も、今月で何とか帳尻を合わせ、来年こそは良き...

やきもの曼陀羅[4]料理と器 北大路魯山人(其の三)

漢学の大家・細野燕臺との出会い  1916(大正5)年1月28日、魯山人は京橋の老舗書肆・松山堂の藤井利八の娘・せきとの結婚を機に、東京神田駿河台東紅...

九州発!田中ゆかりのテーブル通信[3]11月:鍋の季節・土鍋の楽しい使い方いろいろ

 気がつけば11月、朝夕はすっかり冷え込んできました。衣類や寝具などを入れ替えられていると思いますが、同様に食器棚も見渡してみましょう。暑い夏に大活躍したガ...

やきもの曼陀羅[3]料理と器 北大路魯山人(其の二)

北大路魯山人 (wikipediaから) 魯山人の基本は書と篆刻(てんこく)  『角川日本陶磁大辞典』の北大路魯山人の項には、「陶芸家。京都府...

九州発!田中ゆかりのテーブル通信[2]10月:ご飯の時間・お気に入りの飯碗で秋を楽しもう。

 天高く馬肥ゆる秋、収穫の季節です。私の居るところは佐賀県有田町、やきもののほかに名水百選にも選ばれるほどのきれいな水で育った棚田米が自慢です。また、隣町は長...

やきもの曼陀羅[2]料理と器 北大路魯山人(其の一)

北大路魯山人 (wikipediaから) 食器は料理の着物  北大路魯山人は、「陶器だけでは美はわからぬ。あらゆるものの美を知って、それを通して陶...

九州発!田中ゆかりのテーブル通信[1]9月:リラックスティータイム・癒しのひと時ハーブティー

著者:田中ゆかり プロフィールページ  わが家のベランダに沢山の鉢があるのですが、春に新芽を出した数々のハーブが最盛期を迎えています。摘み取ったばかり...

やきもの曼陀羅[番外編]連載を始めるにあたって

やきものの広報活動  『人生は出会った人で決まる』『感動が人を動かす』『楽しくなければ会社じゃない』―。これらは、私が尊敬する堀貞一郎さんの本のタイトル...

新着記事

「徳幸窯 ハレの器展」を開催 「HULS Gallery Tokyo」

徳幸窯の新春企画として披露されたラインアップ ...

テーブルウエア関連140社が出展 「第53回名古屋テーブルトップショー」

2019年6月の吹上ホール会場  日本最大...

益子、萬古、砥部、萩のうつわを特集 Found MUJI各店

素焼きされた砥部焼(イベントのイメージ写真から)...

日本料理の「おもてなし」を掘り下げる 「日本料理の支配人」

 2020年東京五輪誘致の際に世界に広ま...

海外はイタリア、国内は瀬戸焼を特集 「テーブルウェア・フェスティバル2020」

 国内最大級の器の祭典「テーブルウェア・...

人気記事

九州発!田中ゆかりのテーブル通信[4]12月:縁起担ぎ・幸せな新年を迎えるために...

 今年も残すところあと、1カ月を切りました。毎日...

九州発!田中ゆかりのテーブル通信[3]11月:鍋の季節・土鍋の楽しい使い方いろい...

 気がつけば11月、朝夕はすっかり冷え込んでき...

やきもの曼陀羅[1]料理と器 旬を味わう日本料理

著者:森孝一 プロフィールページ 「和食」...

九州発!田中ゆかりのテーブル通信[5]1月:女正月・今年もよろしくのおしゃれな女...

 あけましておめでとうございます。令和の初めての...

東洋陶磁学会、3つの研究会を9月に開催

 東洋陶磁の研究を目的とする学会、東洋陶磁学会(...