ホーム ニュース

ニュース

ニュース全般

「たのしうつくし古伊万里のかたち Ι」 戸栗美術館

「青磁染付樹鳥文葉形三足皿」 伊万里 江戸時代(17世紀後半) 戸栗美術館  江戸時代、国の内外で人々を魅了した伊万里焼。そのさまざまな「かたち」に注目...

grafのポップアップショップを展開 「AKOMEYA TOKYO in la kagū」

「graf」のスペース  東京・神楽坂の米にフォーカスしたライフスタイルショップ「AKOMEYA TOKYO in la kagū」(運営・サザビーリー...

波佐見のマルヒロ、ナイキの「AIR FORCE 1」を陶磁器で完全再現

「AIR FORCE 1」を陶磁器で完全再現  波佐見焼商社のマルヒロ(波佐見町、馬場匡平社長)は11月1日~12月1日、東京・中目黒のアートギャラリー...

愛知県体育館で開催 「やきものワールド」

 日本最大級の陶磁器フェア「やきものワールド」(主催・同実行委員会)が11月28日~12月4日、ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館、名古屋市)で開催さ...

「窯のある広場・資料館」をリニューアルオープン INAXライブミュージアム

リニューアルオープンした「窯のある広場・資料館」  常滑市のINAXライブミュージアムは10月5日、「窯のある広場・資料館」をリニューアルオープンした。...

伯爵家の優美な陶磁器披露 「Bunkamuraザ・ミュージアム」

ウィーン窯・デュ・パキエ時代(1718-1744)《カップと受け皿(トランブルーズ)》 1725年頃、硬質磁器、黒呉須、多彩色上絵付 所蔵:リヒテンシュタイン...

全国の工芸品集まる 「森のやきものフェア」

 陶磁器などの工芸品や骨とう品などが展示販売されるイベント「森のやきものフェア~全国工芸職人展~」が11月15日~12月1日、東京・明治宮外苑で催され...

仙台市の瀬戸屋、宮城県産の食材と酒を平盃「雄雪」で楽しむ会を開催

東京日本橋の日本料理店「甍(いらか)」で開催。起立しているのがプロジェクト担当の金野知哉氏  東北エリアの大手卸・瀬戸屋(仙台市、金野伸介社長)は10月...

トキノハ エシカルマルシェも併催 「清水焼の郷まつり」

団地内の企業のほか、全国の窯元や作家ら100組以上が出店した「清水焼の郷まつり」  京焼・清水焼産地で秋恒例の「清水焼の郷まつり」が10月18~20日、...

台風一過でお祭り日和 多治見の美濃焼イベント

 多治見市で秋恒例の美濃焼イベントが10月12~14日、市内各所で催された。JR多治見駅周辺では「美濃焼祭」が催されたほか、多治見美濃焼卸センターで「たじみ茶...

新着記事

九州発!田中ゆかりのテーブル通信[4]12月:縁起担ぎ・幸せな新年を迎えるために...

 今年も残すところあと、1カ月を切りました。毎日...

やきもの曼陀羅[4]料理と器 北大路魯山人(其の三)

漢学の大家・細野燕臺との出会い  191...

「たのしうつくし古伊万里のかたち Ι」 戸栗美術館

「青磁染付樹鳥文葉形三足皿」 伊万里 江戸時代(...

grafのポップアップショップを展開 「AKOMEYA TOKYO in la ...

「graf」のスペース  東京・神楽坂の米...

波佐見のマルヒロ、ナイキの「AIR FORCE 1」を陶磁器で完全再現

「AIR FORCE 1」を陶磁器で完全再現 ...

人気記事

九州発!田中ゆかりのテーブル通信[3]11月:鍋の季節・土鍋の楽しい使い方いろい...

 気がつけば11月、朝夕はすっかり冷え込んでき...

やきもの曼陀羅[1]料理と器 旬を味わう日本料理

著者:森孝一 プロフィールページ 「和食」...

東洋陶磁学会、3つの研究会を9月に開催

 東洋陶磁の研究を目的とする学会、東洋陶磁学会(...

ノリタケ、「ムーミン」との初のコラボ商品を発売

© Moomin Characters TM ...

統合、改称して「東京テーブルウェアSHOW」初開催

昨年の「HASAMICS」会場  長崎県下...