統合、改称して「東京テーブルウェアSHOW」初開催

昨年の「HASAMICS」会場

 長崎県下の商社による「HASAMICS」と伝心座グループは、毎年秋に合同見本市を開催
してきたが、今年から「東京テーブルウェアSHOW」と統合して改称し、9月25、26日に東京都立
産業貿易センター台東館(東京都台東区)で開催する。
 陶磁器や漆器関連企業が出展し、新商品や新企画を展開する。新規に出展するのは、セラミック藍と京焼・清水焼の商社グループ「京陶会」(今回は陶好堂、前謙、森陶商、山亀、楽只苑、和蘭が参加)。このほか、砥部焼千山、守田漆器、満る文、八柳、協立陶器、尾崎陶器、マツ勘、ブルーム、奥川陶器、陶もと、団陶器の計18社が出展する。

東京テーブルウェアSHOW事務局からのお知らせ
9月25、26日に東京・都立産業貿易センター台東館6階展示室で開催の「東京テーブルウェアSHOW」について、陶業時報8月1日号掲載の広告およびリーフレットで、会期中8階レストランでのご昼食をご案内しておりましたが、26日はレストラン貸切のためご利用できません。大変申し訳ございませんが、昼食は25日のみの対応とさせていただきます。