2年ぶりの会場開催 テーブルウェア・フェスティバル2022

 「テーブルウェア・フェスティバル2022~暮らしを彩る器展~」(主催・同実行委員会)が1月29日~2月6日、東京ドームシティ内プリズムホール、Gallery AaMo、東京ドームホテルの3会場で開催される。東京ドームの改修工事に伴い、例年とは会場が異なる。

 国内外から多数の販売ブースが出展する展示販売コーナーをはじめ、特集企画、ステージイベント、テーブルウェアコンテストの審査結果発表・展示など、多彩な企画が展開される。

 特集企画は3本で、「海外特集 Quality of Life~華ある洋食器~」では、「日常をもてなす」をコンセプトに、ウェッジウッド、KPM ベルリン、ベルナルド、ヘレンド、レイノー、ロールセリニャックなど華やかな絵柄のブランド食器を日々の暮らしの中で使ったテーブルウエアを展示。「国内特集 華やぎの白・深みの黒~薩摩焼~」では、伝統の逸品、伝統を継承したシンプルモダンな器、斬新でカジュアルな器と、自在に変幻する「白薩摩」と「黒薩摩」の魅力を伝える。

 今回のテーブルウェアコンテストは、「お酒を愉しむ器と食卓」の2部門構成。Instagramによる応募作品の中から入選作品を会場に展示し、来場者投票による最終審査で最優秀賞・優秀賞を発表する。また、俳優の石坂浩二さん、女優の黒柳徹子さんら著名人が日々の暮らしを彩る「おもてなしの食空間」で個性豊かなテーブルセッティングを紹介する。「日本の器を訪ねて」のコーナーでは国内各産地が多彩なブースを展開。波佐見焼、美濃焼、瀬戸焼、常滑焼、有田焼が展示販売される。

 今回は会場の開催に加えてオンラインイベントも同時開催。1月29日9時~2月28日19時公開予定。

テーブルウェア・フェスティバル2021 Online